伐採の代行業者~草刈りや伐採もプロにお任せ~

二つの種類

庭木には、常緑樹と落葉樹という二つの種類に分かれ、最近の人気は常緑樹の方が高くなっています。庭木の剪定には、種類によって適した時期があるので注意しなければいけません。最近の人気のある常緑樹には、剪定をあまり行わなくても良いという特徴があります。

 Read More

伐採技術

伐採作業は林業の分野でおなじみであるばかりでなく、最近は庭木を撤去するといったケースにおける需要も増えています。住宅が密集しているような場所では木を倒すわけにはいかないため、クレーンで吊り上げる、人力で上の方から少しずつ切り落とすといった特殊な技術が用いられます。

 Read More

プロのサービス

梅の木の剪定は、現在プロのサービスを利用することが出来ます。最近のサービスは分かりやすい料金体系となっており、相談態勢も充実しています。梅の木の剪定を行なう場合には、剪定方法や剪定時期を見極めることが大切となるのです。

トラブルを回避

大き過ぎる庭木は危険

庭に植えた木々というものは緑の葉が見た目に優しく、また木陰も作ってくれるなど快適な空間を提供してくれる存在です。ただ、こうした庭木があまりに大きく育ち過ぎてしまうと、隣家の日照をさえぎったり路上に落ち葉をまき散らしたりと思わぬトラブルの原因となることがあります。そんなときは、伐採の必要が生じます。 といっても10メートル、15メートルと巨木化してしまった庭木の場合、自分で伐り倒すというのはまず不可能です。専門の伐採業者に依頼するのが、安全性の面からも効率性の面から見ても賢明です。 現在、全国には多くの専門業者が存在し、植木1本からでも依頼に応じています。費用は業者ごとにまちまちですが、通常は工賃単価に木の高さと周囲に障害物があるか否かといったリスクを係数化して乗じるという料金体系となっています。

トラブル回避に必要なこと

育ち過ぎた庭木を放置しておくと先述した以外にどのようなトラブルが予想されるかというと、最も大きいのは倒壊のリスクです。台風襲来時などに木が倒れると道路をふさいだり、電線に引っかかって停電の原因になったりします。 また、地上だけではなく地面にトラブルが発生することもあります。根っこが伸び過ぎてアスファルトを持ち上げてしまったり、家の土台を歪ませてしまうことがあります。 こうしたトラブルを防ぐためには、正しい時期に伐採を行う必要があるのです。特に都市部の住宅地は隣家との距離が近かったり、道幅が狭かったりするので庭木が周囲に迷惑をかけてしまうリスクは高まります。そのため、伐採業者に対する需要も非常に高いものがあります。

Copyright (c) 2015 伐採の代行業者~草刈りや伐採もプロにお任せ~ all reserved.