伐採の代行業者~草刈りや伐採もプロにお任せ~

伐採技術

庭木を撤去

伐採とは樹木を根元から切り倒すことをいいます。木材利用等を前提とした森林伐採という言葉は昔からおなじみのものです。 また、伐採作業は街中でも見かけることができます。街路樹や植木などを切り倒している光景はさほど珍しいものではありません。中でもここ最近は庭木の伐採需要が高まってきています。というのも庭付き一戸建て住宅が一般庶民にも手の届くようになった時代から長い時を経て、現在では大きく育ち過ぎた庭木が公道にはみ出したり近隣に迷惑をかけたりといったトラブルを引き起こすケースが増えてきているからです。 こうした場合は、専門の業者に伐採を依頼することになります。特に住宅密集地などの場合、専門技術を持った者による特殊な方法による作業が必要となります。

特殊技術

特殊な伐採とは具体的にはどのような方法かというと、木を倒すのではなく切った後も立っている状態のまま撤去するというものです。住宅密集地では根元から切り倒してしまうと倒木が民家の屋根や壁などを壊してしまうおそれがあるため、この方法が取られます。具体的にはクレーンで木を支えておき、切り取った部分を吊り上げて撤去する「吊り切り」という特殊な方法が用いられます。 また、今後普及が進むと予測されているのが、アーボリストと呼ばれる特殊技術者による伐採です。アーボリストはロッククライミングのように自らの力だけで木に登り、上の方から少しずつ枝や幹を切り落としていくことで伐採作業を遂行します。傾斜地であったり道路が狭くて重機が入れないような場所での作業を得意とします。

Copyright (c) 2015 伐採の代行業者~草刈りや伐採もプロにお任せ~ all reserved.