伐採の代行業者~草刈りや伐採もプロにお任せ~

二つの種類

庭木の種類。

今回は、自宅の庭に植える庭木の、種類や剪定のことについてを書いてみたいと思います。 庭木には、大きく分けて二種類のものがあります。一つは一年中葉が繁っている常緑樹というものです。 もう一つは、寒くなると葉を落として、丸裸の状態になる落葉樹という種類です。 それぞれで見た目や特徴などが大きく異なるために、どちらを植えるかは人によって変わります。 昔は季節によって表情を大きく変える落葉樹が人気がありましたが、最近は手入れが楽で育てやすい常緑樹の人気が高くなっています。その中でも特に人気となっているのが「シマトネリコ」という庭木で、多くのご家庭がシマトネリコを庭に植えています。 他にも人気のある常緑樹は沢山あり、どの庭木も育てやすいものが人気となっています。

庭木の剪定

庭木には、必要に応じて剪定を行ってあげる必要があります。 庭木の剪定には種類によって、庭木の剪定時期や注意する事が変わってきます。 落葉樹の庭木の剪定では、寒くなり葉が全て落ちた時に行うのが良いです。しかし、3月後半などに剪定を行ってしまうと、せっかくの新芽を刈り取ってしまう事になるので、その時期よりは早めに行った方が良いです。 常緑樹の庭木の剪定は、新芽が出る季節や真夏の酷暑の時期などを避ければ、だいたいの時期に剪定が可能です。しかし、最近の人気となっている常緑樹の庭木のほとんどが、剪定を必要としない自然木形で十分な見応えがあるものが多いです。ですので、剪定するとしても伸びすぎた枝を刈り取ったり、混みすぎた枝を抜いてあげる程度で十分です。 常緑樹には、この様な特徴もあるので人気が高い要因の一つになっています。

Copyright (c) 2015 伐採の代行業者~草刈りや伐採もプロにお任せ~ all reserved.